キャノンに変えました。




カメラや機材を見るとつい煩悩がムクムクします。
たまに欲望に負けてます。

迷い、さまよい、あれこれ考える事、約3年くらい・・・(て、どうなんよ)
ついにキャノンに手を出しました。
キャノン7DMK2です。
いや、5DMK3がいいんですけど・・・

キャノン7DMK2、あれこれ調べても調べてもコストパフォーマンスが異常に高い・・ように思えました。

そして次に悩んだのがレンズ、です。
なんせニコンレンズのあれこれを持っています。

処分しようと思ってカメラ屋に相談すると、何と言う安さでしょう。キャノンの純正レンズ一本も手に入りません。

そこで、ついにマウントを探す事を決意。

あったのです。その名も「ニコンイオスマウントアダプター」
ドイツのノボフレックス社が開発製作しているものを、近代インターナショナルさんが発売してました。

そして見事合体成功です。
で、どうなのよ、使い心地は・・・

すべてがマニュアルです。
最近のカメラのオートな部分は全く繋がっておりません。
ニコンのこのレンズもピントから絞りからオート機構がついていますが、全く効きません。

Exif_JPEG_PICTURE

不便だろうなぁと思って使っていると、何と昔のマニュアルカメラの感覚が妙に安心です。
ピントが合わなきゃ自分のせい、シャッター速度と絞りの関係が崩れたら自分のせい
すべて自分のせいなのが妙に安心するんです。

車で高速を走るのに「オートクルージングが付いてますから楽ですよ」
と言われて妙に不安なあの感じの最近のカメラが、マニュアルでしか効かない事の安心感へ。

あとこの辺の「ズーム大三元」とか言われてたレンズ、要らないなぁ。

しかし・・・

このあと7DMK2を売って5DMK3にしました。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です