佐藤の黒




親戚の明弘くんにいただきました。
焼酎「佐藤・黒」

明弘くんは母方の従兄弟です。
先日、宮崎で会いまして・・・。

その際に焼酎を送りたいが、何がいいかと聞かれていました。
わからないので、おすすめをお願いと、頼んでいました。

佐藤というブランド、その中で黒。
これがいいだろうと明弘くんの勧めで、いただきました。

産地は牧園。
昔、過ごしていた栗野のすぐそばです。

栗野町は今湧水町です。

今日やっと家族でいただくことができました。
ちょっとブログを整理するから待っててね、とお願いし、そのあとでブログに書きたいからとお願いしてたもので・・・。

いただいた「佐藤・黒」今日開封しました。

南日本新聞の巻紙に包まれています。

包み紙に驚きました。

南日本新聞の見出しが
「増える墓じまい」

 

薩摩生まれの僕は、人の生き死には大切なもので、お葬式とお墓はとても身近でした。

覚えていることの重要なイベントは「お葬式」だったような気がします。

そんな場所、かごっまのメイン新聞は南日本新聞です。

そのかごっまの南日本新聞が「お墓がだんだん関心が薄くなっていく」という記事を書いているわけです。

2015年の記事ですが、思わず読み込みました。

実際はわかっています。
どんどん家族感は薄れていき、先祖感もなくなっていくという現実は・・・。
でも薩摩はそうじゃないだろう、ぐらいのきもちでした。

もうすぐNHK大河ドラマで「せごどん」が始まるというのに・・・。

西郷隆盛は大好きななんです。

そんな中で、佐藤の黒。

明弘くんから「飲んだら感想聞かせてね」と言われていました。

一言でいうと
「うまい・キリッ・さっぱり・さわやか」

ちなみにカップはモロゾフです。

一口含んで

最初、ガツンといも焼酎のコク

飲んだら鼻を抜ける香ばしさ

口の中がスッキリ
まるで黒烏龍茶のようなサッパリ感

これが、今のかごっまの焼酎なのか!

焼酎への想いと焼酎の進化に驚かされました。

家族みんな大喜びしました。
明弘くん、ありがとう。
そんな味わいの夜になりました。

大事なことだからもう一回言います。
明弘くん、ありがとう。
かごっま、ありがとう。

 

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です