Lightroom Classic CCは正当な後継




Pocket

Lightroom Classic CCと新しいLightroom CCの機能比較

Lightroom Classic CC 新しいLightroom CC
作業スタイル パソコン+HDD(オフライン) パソコン+ネット回線(オンライン)
オリジナルデータの場所 ローカル クラウド
カタログの場所 ローカル クラウド
バックアップ 手動 自動
編集機能、ツール 従来通りすべての機能 合理化され直感的に扱えるが機能限定*
検索機能 メタデータ、キーワード、レーティングなど 従来機能に加え、Adobe Sensei(AIによる画像認識)
扱える写真の量 ほぼ無制限(HDD別途必要) 1TB(10TBまで拡張可能。別料金)

Lightroom Classic CCは、従来のデスクトップ版と使い方、ベース機能は全く同じ機能のようですね。
写真を撮ってきたらパソコンや外付けHDDにデータを保存し、カタログを作成して管理、編集するワークフローですね。

これまでどおりパソコン中心にLightroomを使いたい方はLightroom Classic CCをインストールして使うのが戸惑わない気がします。

では新しいLightroom CCは?

イメージ的には従来のLightroom mobileをデスクトップに移植したものだと思っておくと良いでしょう。インターフェイスなどもLightroom mobileによく似ています(ただし、Lightroom mobileと全く同じというわけではない)。

使用されている用語もLightroom mobile版と同じですし、デザインもフラットな感じですね。

Lightroom CC

大きなポイントはオリジナルの画像データをAdobeのクラウドストレージにアップロードして、カタログもローカル(PC側)ではなく、クラウドに置いておくということです。私の使っているCreative Cloudコンプリートプランは100GBのストレージですね。

Lightroom CC

撮影した写真はすべてクラウドにアップロードして、デスクトップでもスマホでも、タブレットでもいつでも好きなときに、同じ条件で編集をしようというコンセプトです。

新しいLightroom CCは今のところLightroom Classic CCに対して現像機能に制限がいくつかあります。
例えば、トーンカーブ、明暗別色補正、カメラキャリブレーション、フリンジ除去、今回のLightroom Classic CCの新機能などは使えません
ただし、Lightroom CCはまだv1.0なので今後機能が拡充されていくはずです。

 

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください